スポンサードリンク

エキナセアとインフルエンザ

エキナセア(ムラサキバレンギク)は、インフルエンザ予防効果のあるハーブとして有名です。例えば、エキナセア特有の糖類成分とされるエキナシンは、抗ウイルス作用があり、免疫力の維持に役立つとされ注目を集めています。



人がインフルエンザウイルスに感染すると、体内ではウイルスに対抗するためにT細胞やマクロファージなどのインターフェロンという物質が産生されますが、エキナシンにはこのインターフェロンの産生を促しT細胞やマクロファージの表面に取り付いて、それらの免疫機能を活発化させる作用があります。



エキナセアに含まれている、カフェー酸誘導体などは、細胞表面のウィルス受容体をインフルエンザウィルスからブロックすることにより、ウィルスの細胞内侵入を妨害すると考えられていて、抗インフルエンザウィルスが期待されています。



エキナセアが含む、アラビノガラクタンやフコガラクトキシログルカンなどの多糖類は、好中球やマクロファージなどの免疫細胞を活性化させるとともに、ウイルス感染と闘うインターロイキンなどの免疫応答物質の産生を促す作用があることでインフルエンザの予防に有効と考えられています。



エキナセアは、インフルエンザの予防とインフルエンザの引き始めに効果のあるハーブとして知られています。エキナセアを利用する場合は、例えば、2週間継続摂取したら、1週間使用を辞める、というサイクルが勧められています。



これは、この摂取の仕方が長期間の連続摂取よりも効果的と考えられているからなのです。エキナセアに重要な副作用は特に報告されていませんが、まれに発疹や胃腸障害があるようです。

エキナセア 最新一覧 By 楽天


エキナセアの効能 / エキナセアとインフルエンザ / エキナセアと花粉症とアトピー / エキナセアとニキビ / エキナセアと風邪 / エキナセアの副作用

スポンサードリンク




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。