スポンサードリンク

エキナセアの効能

エキナセアは、インフルエンザ対策に効果があるハーブとして知られています。エキナセアが含むアラビノガラクタンやフコガラクトキシログルカンなどの多糖類が好中球やマクロファージなどの免疫細胞を活性化させるとともに、ウイルス感染と闘うインターロイキンなどの免疫応答物質の産生を促す作用があることでインフルエンザ対策に有効と考えられているんです。



インターロイキンは、今のところ30種類以上存在しているとされていて、例えば、白血球を活発化させるために発熱を促したり、T細胞を活性化し、ウイルスに感染した細胞を破壊するキラーT細胞を作り出す働きをします。この時、キラーT細胞やヘルパーT細胞は、インターフェロンというサイトカインを分泌して、ウイルスの増殖を押さえます。



エキナセア特有の糖類である、エキナシンは、「T細胞」や「マクロファージ」の表面に取り付いて、それらの機能を活発化させます。これらのことから、エキナセアは、風邪を予防し、治りを早めるとされているんです。



エキナセアは、抗菌作用を持つエキナコサイド、ストアイン酸などのポリフェノールを含んでいます。ポリフェノールは、老化やガンの原因である活性酸素を除去する働きがあることで注目されています。これらは殺菌力、皮膚の治癒効果が高く、ニキビやアレルギーの治療にも有効とされています。



エキナセアが含むチコリ酸は、肝機能を促進する作用、解毒作用、健胃作用があるといわれていますが、HIVを抑制する作用があるともいわれています。



エキナセアが含むこれら様々な成分によって、エキナセアを摂ることは、インフルエンザ、ウイルス感染、エイズ、ウイルス性肝炎、ヘルペス、膀胱炎、ニキビ、皮膚疾患、真菌感染、敗血症、膿瘍、偏頭痛、ヘルペス、ニキビ、乾癬、傷の化膿、蕁麻疹の痒みなどに効果があるといわれているんです。

エキナセア 最新一覧 By 楽天



エキナセアの効能 / エキナセアとインフルエンザ / エキナセアと花粉症とアトピー / エキナセアとニキビ / エキナセアと風邪 / エキナセアの副作用

スポンサードリンク




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。