スポンサードリンク

エキナセアの副作用

エキナセアは毒性はありませんが、利用するには注意が必要なようです。エキナセアは、キク科の植物ですので、よもぎ、コーンフラワー等のキク科の植物にアレルギーのある方は注意が必要です。また、アレルギーがなくても、まれに下痢などの軽い副作用がでる場合があります



エイズ、HIV感染者 膠原病、自己免疫疾患、多発性硬化症、結核などの自己免疫障害がある場合はエキナセアの摂取は控えたほうがよいようです。妊娠中や、授乳中も使用禁止です。



そして、エキナセアを多く摂りすぎると、胃の不快感、下痢、そして、めまいや吐き気を生じる事があるようです。効能を早く得ようと一度に多量に摂ることのないように気をつけたいところです。



エキナセアは癖がなく飲みやすいハーブのため、習慣的に飲用したいところですが、長く使い続けると、期待される効能の有効性を失うとされています。ドイツのコミッションEは、エキナセアを8週間以上連続で摂りつづけないようにとの警告を発しています。したがって、例えば、エキナセアを1週間飲用したら、1週間飲用を休むということを繰り返す利用法がおススメだとされています。



ちなみに、ドイツのコミッションEとは、ドイツ連邦保険庁内に置かれていて、ハーブを医薬品として利用する場合の効果と安全性を協議する、世界的権威をもつ委員会のことです。ドイツ連邦保険庁は日本でいえば、厚生労働省に該当します。
エキナセア 最新一覧 By 楽天


エキナセアの効能 / エキナセアとインフルエンザ / エキナセアと花粉症とアトピー / エキナセアとニキビ / エキナセアと風邪 / エキナセアの副作用

スポンサードリンク




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。